年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。たまにはボート以外も。

2016 第19回チャレンジカップ/レディースチャレンジカップ 大村ボートの特徴2 レース面

前回はチャレンジカップの開催される大村ボートの施設やアクセスに関する

特徴をあげましたが、今回は実際に競技が行われるレース・レースにまつわる事柄に

ついて書いてみます。

インが強い(長いです。すみません)

ボートレースは6人の選手が、1・2・3・4・5・6という枠番を与えられて、

1着ー6着までが決まる競技で、基本的に1が一番内側(こういうのをインと呼びます)

に来た選手が勝つ事が多いのですが、その中でも大村は特にインが強いです。

これは、レースの組み合わせを考える担当者(番組マンと言われます)がわざと

インを強くするような選手と枠番の組み合わせを作成しているからです。

なぜこのような事をするのか

例えば6人の選手が走って1・2・3着を順番通り当てるには、

6×5×4=120通り(色んな買い方があるのですが、競艇はこの「3連単」というのが一番売れます)から1通りの正解を導くしかありません。120通りもあると100円ずつ買っても1万2千円かかります。

それに対して、インを極端に強くすると1着は1枠の選手固定と仮定して、2・3着は

5×4=20通りで100円ずつなら2千円で済みます。

配当(的中した際に帰ってくる金額)は、インが弱そうなレースだとインが逃げたら5-6千円、3-4の選手が勝っても5-6千円。インが強いレースだとインが逃げたら1-2千円、3-4の選手が勝つと1-3万円程度に大体なります。

120分の1で2-3万円をとるか、20分の1で1-2千円とるかのどちらがいいかは、

個人次第ですがバブル以降、可処分所得が下がる&階層分化が進んでいる日本では、

我々庶民に当てやすくして、何度も競艇を楽しんでもらいたいというのが施工者の思惑なのでしょう。

ポイントが付く

ボーレースは各場、舟券を1000円分購入したら10円分キャッシュバックとか色々

ありますが、大村は群を抜いてサービスがいいです。

ボートレース大村 > 新着情報 > ◆SGチャレンジカップORICAポイントサービスについて◆

これは本場に行ってORICAというカードを作って(作成は本場ですぐに行えます)

チャレンジカップ開催中の1Rの舟券を買うと、通常の10倍のポイントが付くと言っているわけですが、多分舟券購入費の10%位がキャッシュバックされるんじゃないかと

見ています。

なのでおそらく、1Rに前述の「インが強い番組」を組む→大量に舟券を買ってもらう

→安くても的中&ポイント還元で長く競艇場にいてもらう。ネット投票してもらう

という戦略なのでしょう。

ただそれを抜きにして、普段のレースでネットで買う時もポイントが自動的につくのですが(これはマイルクラブ大村24というのに入会が必要です)

omuramileclub.jp

このネットで購入した際のポイント還元率も他の場に比べて非常に高いです。

予想サイトの構成が良い

ボートレース大村 > 予想サイト > 出走表

ボートレースというものは、エンジンをガラガラポンの抽選で割り当てて、

6日間選手はその割り当てられたエンジンを使って戦うのですが、

このエンジンの個体差が非常に大きく、エンジン次第で弱い選手も1・2・3着に入るのがボートレースの特徴です

大村の予想サイトは他のレース場の予想サイトと異なり、

そのエンジンを「点数」で評価しているのがポイントです。

数字の信ぴょう性はともかく、出足「○」回り足「×」伸び足「◎」などと記載されるより、現地記者が直前に見たものを単純に点数で表してもらった方が、よほどの競艇のマニアや「予想する行為」そのものがとても好きな人以外には、

手っ取り早くて便利でしょう。

 

いかがでしたでしょうか。大村は来るにも便利ですし買うにもサービス満点なので、

今回のチャレンジカップの大成功を期待せずにいられません。