読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。

2016 第19回チャレンジカップ/レディースチャレンジカップ 真っ白な3日目

こちら東京では50数年振りに降雪し、純白の雪が舞いましたが、

今日3日目の大村はインが勝ちまくりこちらも真っ白に染まりました。

インからの2・3着荒れが大好きな自分は、本日はめずらしく大勝し東京の気温と

対照的に懐はぐっと温まりました。

 

今日印象に残ったレース・・・すみません全部のリプレイを見ましたが、

このレースだけでした。

11R

スタート後、平高選手が尼崎G1の西島選手を彷彿とさせるスタート遅れからの内側への突っ込みで遠藤選手は大きくロスをして、その後長嶋選手が一人旅。

2着は日高選手がつけていたのですが、そこを遠藤選手が軽々と追い上げて

抜き去りました。日高選手は昨日長嶋選手にぎりぎりで追いつかれそうになるなど、

エンジンパワーの弱さ(というより長嶋選手が出ているだけなのかも)を露呈していましたが、2番手以降で競った相手が悪かったとしか言いようがないです。

www.youtube.com

そういえば昨日節間最高配当11万をたたき出した谷村選手ですが、

今日も6コースから2着に入り、万舟券の立役者になっていましたね。

谷村選手をずっと追いかけていた方は今頃、スナック辺りでホステス相手に

饒舌に語っていることでしょう。

  

予選もあと1日を残すのみですが、昨日の記事で踏ん張りどころであると記載した

松井選手は今日のレースでライバルの平本選手も井口選手も振るわず、

平本選手は明日4号艇が1回、井口選手は2号艇ですが自身よりもエンジンパワーで

勝る相手がずらりと並んだレースに組まれています。

つまりこのまま準優勝戦に好枠で乗り込んで、そのまま優勝戦に乗ったり、

特別選抜戦(最終日に行われる、準優勝戦に敗れた選手同士で戦うレース。賞金が高い)で1着を取る可能性は低そうで、その上現在の予選順位の1位・2位は自分よりも賞金ランクの高い菊地選手(ついに瓜生選手を抜きました!)と坪井選手のみなので、

少し胸をなでおろしているのではないでしょうか。

 

あと、ちなみにシリーズが始まる前に取り上げた、平高選手ですが現在13位で

優勝戦に乗る可能性はなくなりました(レディースの方は得点上位6名がいきなり優勝戦に乗ります)。

しかし、良くも悪くも何をしでかすかわからず最後まで懸命に走り抜くタイプですので

人気を落とすであろう、明日以降はちょっと穴で狙ってみるのもいいかもしれませんね。

男子だと必死に18位以内を死守しようとする太田選手を、オッズと本人の心理状態を

考えながら、お買い得と思ったら狙うのも一考です。