年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。たまにはボート以外も。

2016 第31回グランプリ 賞金ランク3位&10位 あの頃の輝きの復活なるか 瓜生正義&池田浩二

ずいぶん間が空いてました・・

さて、今回記事にしたいのは賞金ランキング3位&10位の瓜生正義&池田浩二選手です。

f:id:masuosan55:20161218225012j:plain

f:id:masuosan55:20161218225027j:plain

画像引用:ボートレースオフィシャル(BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE)

 

■かつて「瓜池時代」があった

自分がボートレースを始めたのは2012年の終わり頃、その頃G1やSGになると

JLC(http://www.jlc.ne.jp/ 競艇の有料チャンネルです)

ではいつもいつも「注目の瓜生選手は・・」などと言われてました。

当時何も知らないので、「ふーん、強いのかなこの二人」位の感覚でしたが、

いつもいつも優勝戦にいるのを見て、「・・・凄いなこの二人」と思うようになるのに

時間はかかりませんでした。ここで当時の戦績をまとめてみます。

池田浩二

2011年・・笹川賞(尼崎)、全日本選手権平和島)、賞金王決定戦(住之江)

2013年・・総理大臣杯平和島)、賞金王決定戦(住之江)

www.youtube.com

※余談ですが、ここの1Mのウイリー気味のターンは何度見ても恰好いい!

 

瓜生正義
2011年・・グランドチャンピオン決定戦(児島)、モーターボート記念(福岡)
2012年・・モーターボート記念(桐生)(連覇!)
2013年・・全日本選手権(2013年・平和島

www.youtube.com 目を閉じる王者。

ここまで強いので、当時は「この業界はこの2人を買っておけばいいのだな」と

思っており、それと同時にこの2人に急速に興味がわき色々と調べたのを覚えています。

■ここ一番で勝ちきれなかった2014年以降

しかし、2014年以降はここ一番できめられないのが目立ち、この2人は

SGタイトルは取れず(優出はちょくちょくしてはいましたが)、

グランプリに出場すらできない年もありました。

僕はこの2人を2012年頃から覚えたので、つまりこの2-3年でこの2人に張り続け

ずいぶんお財布の中身を軽くしたのを覚えています。

■復活の狼煙の2016年

しかし今年2016年、ついに瓜生選手が3年ぶりにSGを制覇。

池田選手もコンスタントにSG優出し、二人して今回のグランプリ出場を決めました。

最近ではここ一番で勝ちきれなかったこの二人ですが、今年こそは大爆発を、

そして瓜生選手には「獲れないのが不思議」と言われていた、グランプリのタイトルを

是非奪取してほしいものです。