読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。

2016 第5回平和島クイーンズクライマックス 最終日 努力結実・松本晶恵

ボートレース 競艇 クイーンズクライマックス 松本晶恵

 ボートレース平和島にて開催されていた第5回クイーンズクライマックス。さすがに昨夜遅くまで飲んでいて、昨日の記事を朝4時くらいまで書いていたので、

今日は9時半頃起床して、本場には後半から参戦。

f:id:masuosan55:20161231195236j:plain

 とりあえず自宅から投票したこれが的中して、幸先よく本場に乗り込みました。

 

本場に着くと大晦日だっていうのに人・人・人でごった返してました。

舟券の方は9Rから参戦。本線だった1-34-9が気が付くと1-5-3になり少し凹みつつも、10Rが始まりました。

 

■クイーンズクライマックス 10R 順位決定戦

 スタート展示では枠なりで、2がややスタートが遅かった程度。

ここは全員エンジンメンバーが弱い(今回のクイーンズクライマックス、

普通にエンジンが良い6人が決定戦にいって、そうでない6人がここに来たという

感がほんとにします)ので、今度こそと思い懲りずにモンチッチ爆弾を投入

f:id:masuosan55:20161231200318j:plain

※これ以外にも5絡みはたくさん買っています。

 そしてレーススタート。スタートでやや前にいた4の日高逸子選手をけん制

しようとしたのか、1マークで小野生奈選手がやや膨らみ、そこに2の海野ゆかり選手が

くるりんぱと差してきました。

 

これで、2-1か・・と思って見ていると最内側から、なんと

モンチッチ樋口由香里選手がするすると伸びてきていました!

結果2-1-5で決着。大して儲かっていないのですが、

今年最後の最後に樋口選手との最後の対決に勝利できてよかったです。

 

■クイーンズクライマックス 11R シリーズ優勝戦

 スタート展示は2と3がちょっと遅れて、ほかは大体ぴったり。展示が終わった後に

平和島本場内ですれ違う人すれ違う人皆、「平高」「川野」と口にしていたので、

ここはあえて2・5絡みでこんな舟券を買ってみました(これ以外にも1-245-2345とかも購入)。

f:id:masuosan55:20161231201353j:plain

 

 そしてレーススタート、1と4の大瀧明日香選手がやややりあったところを、

5の水口由紀選手が最内から差してきて、5-1態勢から2Mで1-5態勢に。

 

「よし!」と思いきや、世の中そんな甘くなく結局1-5絡みで

唯一買ってない1-5-6で決着しました。同じ人はたくさんいたようで、場内で「6だけは無いよー」とか「6が絡むとはなあー」という声がこだましていました。

f:id:masuosan55:20161231202832j:plain

こちらはシリーズ覇者の川野選手のウイニングランの様子。

おめでとうございます。

これで彼女は賞金女王決定戦(クイーンズクライマックス)、シリーズ戦双方を制した唯一の選手となりました。

 

■クイーンズクライマックス 12R 賞金女王決定戦

  さあいよいよ12R。スタート展示は123がスロー。ダッシュが456で4の寺田千恵選手が少しだけフライングでしたが、全員がほぼスタートライン前後できちんと

まとめていました。

 

 展示終了後は、年内最後の勝負だからか本場の人達も予想屋の人達もみんな思い思いに色々な舟券舟券を購入しようとしているようでしたが、自分は自宅を出る前から

何を買うか決めていました。

 

それでは何を買うかというと、過去の記事でも紹介しましたがこの優勝戦に乗り込む

1号艇の松本晶恵選手と、6号艇の平山智加選手はやまと学校(ボートーレーサ養成所)の同期なのです。

masuosan55.hatenablog.jp

 

なので、1-6=9と6-1=9の同期ワンツー舟券を約3万円ほど購入。

あとは締切時間になるまでひたすら上記で決着する様に祈っていました。

f:id:masuosan55:20161231203249j:plain

そして、ファンファーレと共にピットアウト。

今年の最後のレース。

女王戴冠を目指す6人の戦士が、日が落ちんとしている平和島水面に降り立ちました。

 

進入は枠なりでついにレーススタート!

スタートはほぼ同体でしたが2の竹井奈美選手が昨日と異なり、まくり戦法にうって

でました。

1号艇の松本選手は昨日の差し戦法に不覚をとりかけたので、それを読んでいたのか

小回りしていたのですが、このまくり奇襲も計算に入れていたのか、まくることも差すことも許さない、絶妙なターンを披露して竹井選手のまくりは不発に。

1周2Mで松本選手が完全に独走態勢を築き上げました。

熱かったのが3着争いで、3号艇の長嶋万記選手と4号艇の寺田選手が争っている内に

6の平山選手が追いかけている状況でしたので、

どこかで6の平山選手のチャンスもあるのかなと思って見ていましたが3周1Mで

長嶋選手が3着争いに決着。結果は1-2-3となりました。

f:id:masuosan55:20161231203949j:plain

 舟券は外れてしまいましたが、努力を重ねた人間がこうしてプレッシャーに

打ち勝ち大舞台の頂点に立つ様を見て、自分も涙腺が緩んでしまい心から松本晶恵選手を祝福していました。

f:id:masuosan55:20161231204526j:plain

f:id:masuosan55:20161231204536j:plain

ウイニングランの様子です。手をぶんぶん振ったり、ぴょんぴょん飛び跳ねたりして

全身で嬉しさを表現していました。水面際ではみんな「あきえちゃーん!」「おめでとう!」の嵐。

本場に行くとこういう一体感が味わえるのがいいですね。

 

■ そして表彰式へ

 入り口から入って左側にある特設ステージで表彰式開始。

まずは1・2・3着の選手が入場して、それぞれに商品が授与されます。

f:id:masuosan55:20161231204825j:plain

新女王をたたえる竹井選手と長嶋選手。全力を出し切ったからでしょうか、

女王の両手を掲げてあげている様はすがすがしく、本当に素晴らしいと思いました。

f:id:masuosan55:20161231205057j:plain

 そして待望のティアラ戴冠!。マントもつけてあたかも彼女の地元である、

BOAT RACE 桐生マスコットキャラクタードラ桐生の様になった松本晶恵選手

背景の「女王 君臨」もマッチしてます。

 

 

これにて平和島で開催された第5回クイーンズクライマックスの全てのレース、すべてのイベントが終了しましたが、個人的な感想としてはこの6日間は適度に波乱の展開もあり、最後まで目が離せず本当に楽しかったです。

これがボートレース大村で11月に開催されたチャレンジカップの様に、遠藤選手がぶっちぎりだったら、あまり感慨はなかったと思います。

そして6日間の総売り上げは98億円と100億円に迫る勢いで、興業的にも成功したと言えるのではないでしょうか。

 

 それではそろそろ地元神社に舟券的中祈願の初もうでに行くので、来年もこれに

負けない熱いレース、熱いドラマを各選手や本場の方、関係メディアの方などが

ボートレースを通じて我々ファンに提供してくれる事を期待しつつ、今回の記事は終了とします。

 

 これを見てくださっている皆さんや、ボートレースって何だろう?とか、

初めてボートレースを楽しもうとしている・楽しんだ方向けに、自分も気が向けば

精一杯下手くそながらも、文章を書いて、ただのギャンブルに終わらない魅力を伝えようと頑張ろうと思いますので、来年もボートレースを目いっぱい楽しみましょう。

f:id:masuosan55:20161231205547j:plain

 

追伸:新女王 松本晶恵選手は休む間もなく、明日1月2日より地元のボートレース桐生のレースに出場します。彼女のファンになった方は是非下記サイト等から、女王となって一皮むけた彼女のレースをご覧ください。

www.kiryu-kyotei.com