年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。たまにはボート以外も。

2017 第20回チャレンジカップ/レディースチャレンジカップ 下関 今回のレース概要配当について

さて前回はSG第20回チャレンジカップ G2第4回レディースチャレンジカップがどういうものか解説しましたが、やはりボートレースの本質はギャンブル。12月はクリスマスなど、お金がかかるイベントが目白押しの皆さん。ここでがっぽりと稼いでおきましょう。

 

■前回のG1戦はどうだったのか

SGとG1戦は大体同じメンツなので、前回開催されたG1戦(下関 - 開設63周年記念G1競帝王決定戦)の結果を振り返るのが一番の近道です。

f:id:masuosan55:20171120025208p:plain

 

■G1以上のレースは「インが逃げるかどうか」を考える

 これは現代のボートレースでは鉄則ですが、まずはインが逃げるかどうかだけを考えるのがいいです。施工者(ボートレース場の運営者)も過去のこの記事で書いた様にインが逃げたりするレースを意図的に組んだりしているので

 

masuosan55.hatenablog.jp

 簡単に言うと、「インが逃げたら低配当」「インが敗れたら高配当」なわけです。

 

■前回G1戦の結果

さて、それでは先ほどの結果を見てみると

イン逃げ・・全72レース中45回

となっており、なんと7割近くのレースでイン逃げが決まっています。

まずここで今回のSGも黙ってインから買いましょう、がわかるかと思います。

 

■インが逃げた後の配当

では、インが逃げるという事は1-9-9(9は全通りを意味します)の20通りの舟券

買えば、まず的中といった感じですが配当面も見てみましょう。

 

なぜこんなことをするかというと、インが逃げても人気の無い選手が2・3着に来ると、

配当がそこそこついたりするためです。

こういうのを、ヒモ(2着)・トリ(3着)荒れといって、僕は大好物です。

f:id:masuosan55:20171120030110p:plain

 

インが逃げた、45本のうち30本近く、つまり3分の2が2000円以下の配当です。

 

■今回はインから転がすか

 結論から言うと

・インから逃げて低配当が多い。72R中30Rが低配当

がわかったので

・前日の出走表が出たら、前夜版オッズも見てしっかりとレースを絞りに絞る

・その中で大荒れ、ヒモ荒れ、超鉄板のレースのどれかにどかんとぶち込む

・超鉄板のレースを2-3R見つけて、そこで転がす

がいいかと思います。

 

こちらもできる限り前夜版オッズも載せて更新していくので、皆さんもぜひ楽しんでいただけますと幸いです