年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。たまにはボート以外も。

2017 第20回チャレンジカップ/レディースチャレンジカップ 下関 波乱続きの3日間と4日目展望

 

ボートレース下関で絶賛開催中の第20回SGチャレンジカップ/G2チャレンジカップ

少し日が空いちゃいましたが、自分は順調にやられ続けています。ご安心ください。

 

3日目間見てみて、フライングや妨害失格、転覆や待機行動違反などがかなり目につきます。やはり年末に向けての最後の勝負掛けという事で選手も気合いが入っているのでしょうか。

 

あと、前回の日記

 

masuosan55.hatenablog.jp

 での配当分布と作戦を考えてみましたが、今日は非常に荒れたものの、初日2日目は

大体その通りかなあ、といった感じになってますね。

やはりSGともなると、少額配当をレース及び組み合わせを絞って叩き込むのがセオリーの様です。

 

しかしそんなのんきな事を言いつつも、自分と同じくちょっと夢を見たいという方向けに出走表と前売りオッズを見ていて気になるレースがいくつかあるので、ピックアップしたいと思います。

※ちなみに、ここに挙げた舟券予想ですが自分はよほどオッズの変動があってうまみがなくなったりしない限りたいてい買っています(むしろこの買い目+αで手を広げる事の方が多い)

 

 

■1R

f:id:masuosan55:20171123230049p:plain

このレース、出走表を見る限り全てスタートをびしっと決めている中村選手の逃げ濃厚です。ではなぜこのレースをピックアップしたかというと、5の谷川選手がエンジンを良くしてきています。

また、松本晶恵選手は実力はピカ一ですが今回いまいちリズムが悪いです。

 

なので、谷川選手が空回りしたことも考慮して、

1-23=56

 

■3R

f:id:masuosan55:20171123230629p:plain

このレースは2の松井繁選手と3の山田康二選手のエンジンがいいのと、6コースに

現在得点3位の井口佳典選手がいる事です。

なので、1-23=56で保険をかけつつ、自分は23-2356-9でドカンといこうかなと思っています。

 

■8R

f:id:masuosan55:20171123230929p:plainこのレースのポイントは、全然エンジンが出ておらず狂った様に部品交換をした結果、

まあまあ戦えるエンジンに仕上がりつつある、石渡鉄兵選手が内枠にいるのと、ここをうまくしのげば準優戦に乗れる、中島孝平選手がいることです。

 

なので、1-2=5を本線に1-3=5とあとは夢を見て2-35-135

 

■9R

f:id:masuosan55:20171123231215p:plain

このレースは前述のとおり、いまいちリズムが掴みきれていない松本選手のイン。

そこにとにかく気合いと度胸だけは満々の竹井奈美選手がいる事です。

そろそろでかいのを一発決めてきそうなのと、そこを長嶋選手や寺田選手が老獪に立ち回ることも考えて、356ボックス。あとは2-56-13

 

■11R

f:id:masuosan55:20171123231552p:plain

このレースをピックアップした理由は、23日時点で得点トップ(篠崎仁志)、2位(毒島誠)、3位(井口佳典)の選手が同じ番組に組まれている事です。

 

そのためか前日の夜現在で1-2-5と1-5-2のオッズが悲惨な事になっていますが、

井口選手と篠崎選手はどうあっても毒島選手の予選トップを阻止しないと、自分が予選トップになる目がなくなってしまいます。

 

ここでさらに着目すべきは3号艇に湯川浩司選手がいる事で、この選手は40歳近くなった今でもセンターでは果敢にまくりを敢行する選手なのです。

 

今回スタートがいまいち決まっていないのですが、彼のまくりが決まりきった時、

彼のまくりに抵抗した毒島選手に対して、井口選手が展開をつくことを想定して、

23-56-9.あとこれが決まらなかった場合はらくらくと逃走してしまうのですが、

2と3の出番が無いので、1-45-9

 

■12R

f:id:masuosan55:20171123232210p:plain

このレースをピックアップした理由は、得点トップの遠藤エミ選手と2位の海野ゆかり選手がそれぞれ5枠・1枠に組まれているうえに、彼女たちはこのレースしか今日はレースが無い事。

二つ目のポイントは、エンジンが今回出場している女子選手たちの中では一番出ている細川裕子選手がセンターにいる事

三つめのポイントは、海野選手のスタートが全体的にこのレースで戦う他5選手に比べてそれほど早くないという事です。

 

レディースチャレンジカップは準優進出制ではなく、5日間の得点でいきなり最終日の優勝戦の6人が決まるのですが、

海野選手は4号艇、遠藤選手は3号艇とお互いセンター枠を残しているので、日高選手が6号艇にいるなどの進入がバラバラになるようなレースに組まれなければ、

事実上このレースが今回のレディースチャレンジカップの優勝者を決めるような

戦いだと思っています。

 

これも展開的には先ほどの11Rの様なものが考えられますが、2号艇の守屋美穂選手は冷静に差し切るのも得意なタイプですので、細川選手がまくり切ったときで3-256

その展開をついて2-356を2連単で行こうかと考えています(2連単も買いつつ、3連単もピンポイントで買います)

 

いかがでしたでしょうか。男子も女子も結構トップが混戦模様なのが昨年と違う

(昨年は石野貴之選手と遠藤エミ選手が力量があるうえにいいエンジンをひいてぶっちぎりでした)

 

masuosan55.hatenablog.jp

ので、今回は結構色々と選手心理を読み切って高配当を狙うという行為そのものを楽しめる感じになっていると思います。

 

日本全国、急に寒くなりましたが残り3日間、せめてお財布だけでも自分は上記妄想に乗せてあっためてみたいものです。