年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。たまにはボート以外も。

2017 第20回チャレンジカップ/レディースチャレンジカップ 下関 最終日展望

ボートレース下関で絶賛開催中の第20回SGチャレンジカップ/G2チャレンジカップ

もいよいよ最終日

 

準優勝戦は自分は妄想展開を期待しましたが、そんなに甘くなく全てが

本命決着。

 

準優勝戦で気になったのが、新田雄史選手がささったか!と思いきや毒島誠選手が

軽々と突き放していったところ。

このエンジンでこれでは正直ほとんど打つ手がありませんね。。

余談ですが12Rの峰選手のレースはとった人がまわりで多かったです。 

 

自分の舟券収支もそれに反比例するかの様に、5日間でプラスの日が1日もなく、

今日負けると、新卒社会人の月給近くやられる事になりますが、さあ今日はどうなりますでしょうか。

 

 

■5R

f:id:masuosan55:20171126151355p:plain

このレースをピックアップした理由は、クイーンズクライマックスの12位に

モンチッチ樋口由香里が、13位に田口節子選手がいる事です。

 

そして、自分が大好きなとにかく良くも悪くも何かをレースで起こす平高奈菜選手がインにいる事。

 

これは波乱のにおいが結構しますので、1-23=56と23-56=9で

 

■9R

f:id:masuosan55:20171126151835p:plain

このレースは特に順位に関係があるわけではないのですが、ここまで見ていて

チグハグな感じだった山下友貴選手のインに、まくり主体でいざとなったら攻めてくる

岸恵子選手が2コースにいる事です。

 

エンジン的には5の山川選手が一番でているので、オッズのつきそうなとこから123-5=9を考えています。

 

■11R レディースチャレンジカップ勝戦

f:id:masuosan55:20171126152201p:plain

 

このレースはまず、現在の獲得賞金状況を考える必要があります。

・遠藤エミ選手は優勝して、長嶋万記選手が3着以下だとクイーンズクライマックストライアル1号艇

・前述のとおり長嶋選手は2着以上でクイーンズクライマックストライアル1号艇

日高逸子選手は2着以上でクイーンズクライマックス出場決定

海野ゆかり選手、細川裕子選手は優勝してもトライアル1号艇はもらえないが、

完走すればとりあえず出場決定

・中村桃佳選手は優勝してもクイーンズクライマックス出場はできない。

 

そうなると、この中だとポイントは日高選手と長嶋選手。

何が何でも2位を取りたいところですが、日高選手は差しに回る。

長嶋選手はまくり差しで2位を狙いにいくところでしょう。

 

厄介なのが、長嶋選手のそんな展開があり得るかというとあり得るところです。

と、いうのも4コースカドにかまえた細川選手のエンジンは伸びているともっぱらの

評判(多分出場女子選手で一番でしょう)なのと、中村選手は新人なので、常にせめてくるからです。

 

こうなると正直展開を読むのは凄く難しいですが、日高選手はとにかく最内を差してきてエンジンが出てる選手とのデッドヒートになるでしょう。

 

悩みましたが、ここは去年のチャレンジカップで、無欲の5号艇大瀧明日香選手から買って儲けたので

 

masuosan55.hatenablog.jp

 1-245-245、1-23-6。後は穴目で4-256あたりを考えています。

 

■12R チャレンジカップ勝戦

f:id:masuosan55:20171126153913p:plain

 

このレースは各選手の獲得賞金状況を見ると、

・1号艇の毒島選手は優勝しないとグランプリ(賞金王決定戦)に出場できない。

・2号艇の井口佳典選手は3着までなら、グランプリのトライアル2ndから出場

・3号艇の山田康二選手は優勝でグランプリ出場決定

・4号艇の篠崎仁志選手は1-3着ならグランプリトライアル2ndから出場

・5号艇の桐生順平選手は優勝でトライアル2nd1号艇。

・6号艇の新田雄史選手は完走でグランプリ出場

といった感じになっています。

 

ここでもポイントは先ほどの井口選手。差し追走で何がなんでも2着を獲りに行くでしょう。

ただし、怖いのが山田康二選手のエンジンが出ていて彼は優勝以外にグランプリ出場の可能性が無い事です。

 

順当にいけば逃げちゃうと思いますが、井口選手はスタートが遅れてしまうと超抜エンジンの山田選手に沈められてしまい、グランプリ2ndからの出場が遠のいてしまいます。

 

これを加味すると、井口選手がスタートを決めると、山田選手をブロックしてしまうので、1-245-2456

井口選手がスタートで凹むと、今度は毒島選手と山田選手がやりあう事になるので

そこの展開を篠崎仁志選手がついたりすることも仮定して、

3-45-9、4-125-9あたりを本線で考えています。

 

いかがでしたでしょうか。

今節はぶっちぎりで誰が優勝、というのが女子はちょっと読みづらく、男子はセンターに爆弾がしかけられたので、だいぶ予想のしがいのあるレースになっていると思います。

 

最終日となった今回も皆さん是非、応援したい選手から、儲けたいから、色んな観点から舟券を購入してみてもいいかもしれません。