年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。たまにはボート以外も。

2017 第32回グランプリ及び第6回クイーンズクライマックストライアル枠番 

 ボートレース下関にて11月26日まで開催されていたチャレンジカップおよび、レディースチャレンジカップも終了。

 

その結果年末の大一番である、第32回グランプリ及び第6回クイーンズクライマックスのトライアル枠番は以下の様になりました。

 

 

■第32回グランプリ(ボートレース住之江) 初日トライアル1st 枠番

 

  1号艇 2号艇 3号艇 4号艇 5号艇 6号艇
11R 松井 繁 茅原悠紀 深川真二 田中信一郎 森高一真 篠崎仁志
12R 毒島 誠 菊地孝平 魚谷智之 原田幸哉 中田竜太 前本泰和

 

6位以内を死守したかった松井繁選手は、惜しくもトライアル1stからの参戦。

そして僕のお財布をいつもぎりぎりで救ってくれる救世主・篠崎仁志選手がぎりっぎりで18位に滑り込んできました。

 

ボートレースは昨年優勝した瓜生正義選手をはじめとして、福岡県の選手がめっぽう強いのですが今回はこの篠崎仁志選手のみが福岡の期待を一身に背負っての登場となります。

 

そして埼玉県の期待の星、中田竜太選手がグランプリ初出場。ちょっとチャレンジカップで事故があって途中帰郷して体調が心配ですが、グランプリまでに治して初めてのグランプリでも気負いすることなく大暴れしてほしいものです。

 

枠番を見ると、うーん・・これを見ると11Rは深川真二選手、12Rは前本泰和選手がいますね。進入で必ず動きがありそうな気がします。

 

特に12Rは2号艇でもやたら強い菊地孝平選手もおり、毒島誠選手もそう簡単に逃げられそうにないですね(とはいっても毎年グランプリに出る選手は超一流選手が集うので

いつもインはすさまじいまでのプレッシャーにさらされます)

 

■第32回グランプリ(ボートレース住之江) 3日目トライアル2nd 枠番

 

  1号艇 2号艇 3号艇 4号艇 5号艇 6号艇
11R 石野貴之 桐生順平 井口佳典 トライアル1st 1位選手 トライアル1st 4位選手 トライアル1st 5位選手
12R 峰 竜太 白井英治 寺田 祥 トライアル1st 2位選手 トライアル1st 3位選手 トライアル1st 6位選手

 

ここは特に大きな番狂わせもなく1-6位の選手がそのままスライドしていった恰好です。

 

鬼神のごとき強さで今年のボートレース界を席巻した、石野貴之峰竜太がインの1号艇に居座っています。

 

また同じくらい調子のよかった白井英治選手と寺田祥選手という、山口県のツートップがセンター枠で同じレースで激突。

 

井口佳典選手も久しぶりに2ndから参戦。2008年のグランプリを制し、約10年振りのグランプリ制覇に期待がかかります。

 

■グランプリCM

各選手についてはおいおいどこかで書こうと思いますが、先んじて公開されている

グランプリCMがyoutubeにて公開されていました。選手によっては稲川淳二の心霊特集みたいになっていますが、全体的にすごく格好いい出来です。

 

石野貴之

www.youtube.com

 

峰竜太

www.youtube.com

 

 

■第6回クイーンズクライマックス(ボートレース大村) 3日目トライアル枠番

 

さて、ボートレース大村で12月26日から開催される第6回クイーンズクライマックスの枠番は以下の様になりました。

  1号艇 2号艇 3号艇 4号艇 5号艇 6号艇
11R 遠藤エミ 長嶋万記 松本晶恵 海野ゆかり 川野芽唯 樋口由加里
12R 小野生奈 寺田千恵 細川裕子 山川美由紀 平高奈菜 田口節子

 

チャレンジカップ行きとなって、フライング等でさんざんな成績だった小野生奈選手もなんとか1位を死守して、トライアル1号艇に乗り込んできています。

 

先ほどのトライアルと同じく、差しがめちゃくちゃうまい、というか今年の女子戦を差して差して差しまくった長嶋万記選手が2号艇にいます。

 

そして去年惜しくも13位だった、平高奈菜選手もきっちりと5号艇に。

師匠の山川美由紀選手が4号艇のカドにいますので展開をついたりしてきそうです。

 

こうしてみると40歳以下の登録番号4000番台が9人。それ以上が3人。

だんだん世代交代も来ていますが、去年の今頃紹介した驚異のアラフィフもしっかり乗り込んできているので、今年も世代闘争が見られそうです

 

masuosan55.hatenablog.jp

 

いかがでしたでしょうか。今年も骨のあるメンバーがグランプリ・クイーンズクライマックスに来ているので、あと1か月近くありますので、これをご覧の皆さんもじっくりと舟券作戦など立てていただければ幸いです