年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。たまにはボート以外も。

2017 第32回グランプリ初日展望 松井繁の一気の逃走劇に期待

いよいよ明日からボートレース住之江にて開催される第32回グランプリ

各選手のエンジン抽選も終わり、初日のシリーズ戦の出走表も発表されました。

 

まずエンジン抽選の結果でいうと、

シリーズ戦:瓜生正義湯川浩司、芝田浩治

グランプリ:田中信一郎菊地孝平白井英治

選手あたりがいいエンジンを引いた様です。

こうじとえいじがいいのひいたぞ、と覚えておけばいいのではないでしょうか。

こうじの残り二人、池田浩二選手と山田康二選手もコメントを見る限り悲観するほどのものではなさそうです。

 

ただ、もちろんこのグランプリに参戦する選手はエンジンの抽選手腕も含めて

超一流選手の集まり。

エンジン気配もめまぐるしく変わってくる事でしょう。

 

僕の方もチャレンジカップで新卒の初任給近く負けてしまい、それ以降ぐっと

我慢して満を持して、teleboatにドカンと入金してきました。

 

さて、早速ですが明日のシリーズ戦からトライアルまで面白そうなレースを

ピックアップして見てみましょう

※オッズは前日12月18日の22:50のころのものです。

 

■グランプリシリーズ戦

■2R

f:id:masuosan55:20171218232704p:plain

 

masuosan55.hatenablog.jp

 

このレースはハイパワーを誇る、前回のグランプリ覇者の瓜生正義選手と

前づけでインの遠藤エミ選手の助走距離を短くするであろう江口晃生がいるのがポイント。

ここは2-456-9と3-456-9

 

■3R

f:id:masuosan55:20171218233028p:plain

 

このレースは、12月26日から開催されるクイーンズクライマックスに首位で乗り込む

小野生奈選手がインにいるのがポイントです。

 

というのも彼女はつい最近フライングを切ってしまい、クイーンズクライマックスで

スタートで勝負したいためか、この一つ前のレースなどでもスタートタイミングが明らかに遅くなっています。ほかの選手のスタートに合わせてスタートしている感じです。

 

これに対して襲い掛かるのが冒頭で良いエンジンを引いたという芝田選手。

よって3-56-256と2-35-356

 

■5R

f:id:masuosan55:20171218233703p:plain

 

これはただ単に中島孝平選手が好きなのであげただけというのもあるのですが、

ピットレポートのコメントを見る限り、久しぶりに良いエンジンを引いた様です。

これはすんなりと逃げで、1-2-5、1-345-345

 

 ■8R

f:id:masuosan55:20171218234110p:plain

 

このレースは先ほどの2Rで2号艇の瓜生選手が今度はインで登場です。

オッズ的にはしょっぱいですが、2Rでもし瓜生選手が1着だった場合は

迷わずここでインにかけない手はありません。

 

相手は中島選手と石渡鉄兵選手がメインで、1-25-235

 

■グランプリ トライアル1st

■11R

f:id:masuosan55:20171218234425p:plain

 

さあいよいよトライアル。強敵がずらりと揃っている中、ここは松井選手の逃げに期待

します。

2コースの茅原悠紀選手と、エンジンでいいのを引いたと言われている田中信一郎選手も怖いですが、この2選手は2・4コースから1着をとる確率はデータを見るとそれほど高くないようです。

1-2=4のオッズが悲惨なまでに前日の時点で低くなっていますが、

思い切って1-2=4の2通りで。ただ自分は篠崎仁志選手が大好きなので、1-24=6も買います。

 

■12R

f:id:masuosan55:20171218234850p:plain

 

 

このレースはハイパワーの菊地選手が隣にいるものの、彼は2コースだと差しが専門の選手です。

www.youtube.com

※すさまじい切れ味の差し技がさく裂しています 

 

そのうえ、無理に攻めてきそうな選手がセンターにいないので順当に

1-2-45、2-1-45でいいのではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。いよいよ今年のボートレース界の頂点を決める総決算が

明日から始まります。

 

今回出場している選手の中で勝ってほしい選手にひたすら張りつづけるもよし、

堅実に稼ぐことを目的にインで転がしていくのもよし、皆さんそれぞれの楽しみ方で6日間で、このボートレース界の頂点を決める祭典を楽しんでいただければと思います。