年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。たまにはボート以外も。

2017 第6回クイーンズクライマックス 3日目 トライアル11Rは鉄板、12Rは混戦か

 ボートレース大村にて開催されている、第6回クイーンズクライマックスも3日目。

初日は「これが大村か?」という様な荒れ模様、

2日目は「これぞ大村だ」という様なイン逃げ祭でした。

 

自分の舟券の方は、オッズと気配的にあまり食指が動くものはなく。

でもそろそろエンジン相場も固まってきたころなので、裏を突いた妄想舟券をどこかで炸裂させたいなーとは思っています。

 

さて、ところどころ見た感じ面白そうなレースと、いよいよ始まるトライアルの予想について書いてみます。

これをご覧の皆さんも何かあればコメント欄でもなんでもいいですので、ぜひご意見いただけますと幸いです。

 

 

■3R

f:id:masuosan55:20171228015711p:plain

 

このレースの特徴は、2の壁役の平田さやか選手のエンジンがとにかく頼りないところと、本人が攻めっ気のあるところです。

 

つまり、自分がまくりにいって森岡選手を脅かしにいくか、エンジンが頼りないのでスタートが届かずセンター勢に展開を作る事が予想されます。

 

なので、1-345-3456はおさえつつも、センターで34-3456-9(点数が多いですが)あたりからオッズのつくのを狙ってみます。

6の渡邊選手も少し良化しているようです。

 

■9R

f:id:masuosan55:20171228020830p:plain

 

このレースも2号艇に着目しました。

2号艇の佐々木裕美選手、あまりエンジンは良くないのですが実は2号艇の成績が非常に偏っています

ここ半年ほどで、20回近く走って

1着:9本(差しが6本、抜きが1本、まくりが2本)

2・3着:5本

つまりこの選手、センターが攻めてくるとそのまま沈められるか、その間隙をぬって差しぬける選手と言えます。

 

では、差しが主体なら2-1-9や2-9-1かと思いきや、1号艇のインの香川素子選手は

1号艇の場合は1着以外はほとんど着外(4着以下の事)です。

 

あとエンジン的には3号艇の福島選手が高い評価を得ています。

 

以上から、

1-345-3456、2-3456-3456と爆弾として3-456-9

を自分は考えています。

■11R トライアル

f:id:masuosan55:20171228021544p:plain

 

このレースは、2号艇の長嶋万記選手と4の海野ゆかり選手のエンジン評価が良く、

かつこの二つの枠は両選手とも得意としている枠番なのです。

 

しかしながら、遠藤エミ選手のインの実績を見ると9割近くインで逃げているので、

ここはすなおに、1-24-9でいいでしょう。

 

ただ、上記のオッズをみてもわかるようにここまで人気していると穴舟券の破壊力も凄いので、自分は24-9=6なんかで夢も見て見ようかなと思っています。

 

■12R トライアル

f:id:masuosan55:20171228022022p:plain

 

このレースも小野生奈選手のインは固そうですが、彼女はインで強敵がそろうとやられてしまう特徴があります(遠藤選手は対照的に相手が強いほどインで強くなる代わりに、たまにとんでもないポカをやらかす)

 

では誰が抜け出すかというと、自分は2号艇の寺田千恵選手について見て見ると

半分近くは2・3着なのですが5回に1回近くは2コースで勝っているのですが、それが

まくりで勝っているのです。

 

平均スタートタイミングでは小野選手と寺田選手に大差はないのですが、

小野選手はフライングしたばかりなのと、ここでフライングを切ると夏・冬の女子の最高峰レース連覇という偉業達成が不可能になるので、

おそらくスタートでほかの選手に合わせに行くと思います。

 

なので、もしインが敗れたことを考えて、2-35-1356、逃げた場合の保険で1-2=9を自分は考えています。

 

いかがでしたでしょうか。

女子戦というものは、男子戦と違って選手ごとにレーススタイルにかなりばらつきがあるので、いろいろと妄想・・じゃなかった予想のし甲斐があるレースが多いです。

皆さんも「これは!」というものを発見してみたら、このイン最強水面の大村との勝負という意味で、大胆な穴舟券なんかを買ってみるのもいいかもしれません。