年末までボートレース

趣味でボートレースに関する色々な記事その他を書いていきます。たまにはボート以外も。

2017 第6回クイーンズクライマックス 最終日展望 遠藤エミの完全優勝なるか

 ボートレース大村にて開催中の第6回クイーンズクライマックスもいよいよ最終日。

トライアルはなんと、遠藤エミ選手が無傷の3連勝で、女王戴冠に王手をかけました。

 

シリーズの方は昨年準優勝だった、竹井奈美選手が1号艇。強敵をしりぞけつつこちらもついにここまできたかという感じです。

 

それにしてもレディースチャレンジカップから遠藤選手は本当に強い。彼女をだれか止められるんでしょうか。

 

では最終日の2レースについてみていくことにします

 

■第6回クイーンズクライマックスシリーズ 優勝戦

f:id:masuosan55:20171231145048p:plain

 

これは間違いなく日高逸子選手が動いてくるでしょう。日高選手は下記記事で書いたように勝利への執念がすさまじいです

 

masuosan55.hatenablog.jp

 

そうなると内側の艇は深くなる(助走距離が短くなる)ので、ここで竹井選手が逃げられるかというところですが、厄介な事にエンジンが出ているのは竹井選手ではなく、

2号艇の中谷朋子選手と、3号艇の廣中選手なのです。

なので、1-23=56、と23-2356=1で

 

■第6回クイーンズクライマックス 優勝戦

 

f:id:masuosan55:20171231145702p:plain

 

さあいよいよ優勝戦

エンジン的には1,3,6なのですが、245もまあまあです。特に1が凄い出てます

 

2号艇の小野生奈選手はエンジンで遠藤エミ選手にかなわないのは承知しているでしょうから、差したら100%勝てないのはわかっています。

 

そうなると、少しでもスタートで先行したらまくりにいき、そこを3,4が差してくる可能性はあります。

 

しかしそれでも遠藤選手はこの3日間でしっかりとスタートを決めており、もはや死角が見当たりません。

 

なので本線はイン逃げで考えますが、相手は3の長嶋万記選手とあとエースモーターといわれていた、6の海野ゆかり選手で考えます。

なので、本線は1-3=9と1-9-6で。

でも、ひょっとしたら小野選手のまくりに抵抗して長嶋選手や4の平高奈菜選手が突き抜けることも考えて、34-3416=9も

 

いかがでしたでしょうか。あと2時間ほどで第6回の女王が決まります

鬼神のごとき強さで今年の女子ボートレース界を引っ張った3人が内枠にいますが

果たしてこの3人で決まるのか。それとも意地を見せ寺田選手や海野選手が決めるのか。

皆さんもせっかく最後の大一番なので、思い思いに応援したい選手から買ってみてください!